『復讐のガンマン』(テクニスコープ=2.35×1)/“リー・ヴァン・クリーフBOX” NOW ON SALE!

★“りおなのVIVA!WIDESCREEN”は、1950〜1970年代映画のDVD化を応援しています!★
SPOマカロニウエスタン公式サイト:
ユナイト・マカロニ究極選公式サイト:
stingray「究極の傑作DVD」公式サイト:
stingrayマカロニBBS:
デックス Movie Collection:
フィールドワークス吹替音源提供サイト:
日活ゴールドディスクコレクション:
日活DIG THE NIPPON:
キングレコードDVDサイト:
紀伊國屋書店映像商品:
シネフィル・イマジカ公式サイト:

このサイトで使われている画像・商標などは著作権をクリアしていませんが、「映画をオリジナルのサイズで観ることの重要性」を広めることを目的に利用させていただいているもので、営利目的ではございません。この点、ご理解いただければ幸いです。しかしながら、各関係機関からの警告があった場合には直ちにそれに従う用意があります。


カウンター

2000年7月1日開設

2006年6月10日更新!  

“相互リンク”に新たに『MOONLIGHT GALLERY』を追加しました。

スコットマリー氏によるスペシャル・レビューもう1人のセルジオによる60年代版『華氏911』+『キル・ビル』”公開中!

『りおなのVIVA!WIDESCREEN』へ、ようこそ

“スクリーンサイズ”にこだわって、映画を観てみませんか?

映画の見方、楽しみ方は人それぞれです。「あのスターが出演しているから」「あの監督の作品だから」「SFが好きだから」などなど...。他にもいろいろあるとは思いますが、ここでもうひとつ別の角度から映画を観てみることにしましょう。今日では、レンタル・ビデオやDVD、BS/CS放送など、家庭で映画を鑑賞する機会が多くなってきました。しかし、ビデオなど「テレビ画面」で映画を観た時に「なにか劇場で観た時と違う!?」と違和感を感じられたことはないでしょうか?それは、音響や画面自体の大きさの違いもありますが、もっとも大きな違いは画面の縦横の比率の違い、つまり“スクリーンサイズ”の違いにあったのです。「スクリーンサイズには大きく分けて3つある」と言われてピンと来る人は少ないでしょう。日頃はそんなことはあまり意識せずに映画をご覧になっている方がほとんどだと思います。でも、製作側の意図を正しく受け取るためには、映画はやはりオリジナル・サイズ(=劇場公開時の比率)で観ないといけないと思います。ただ、今まで、ソフト・メーカーやテレビ局はあまりにもこのことをないがしろにしてきました。テレビ画面の比率に合わせて画面の両端を安易にカットする“トリミング”という暴挙は、監督をはじめとする作り手のメッセージを半減させるものです。少しでも多くの方々に『ワイドスクリーン』について知ってもらい、映画をオリジナル・サイズで観ることの重要性を理解していただき、今後、旧作がビデオやDVDでワイド版で発売されること、あるいはテレビでワイド放映されることの一助になればと思い、このホームページを開設しました。


02/2/11UP
★スタンダード・サイズ(1.37×1)/ビスタ・サイズ(1.66〜1.85×1)/スコープ・サイズ(2.35×1)
02/9/24UP
02/9/14UP
★世界中のワイドスクリーン方式の種類とその代表作などを一覧表にまとめてみました。
02/1/14UP
★2002年“マカロニ復活元年!”記念/『夕陽のガンマン』をUP!
DVD/BS放送ワイドスクリーン・ニュース
☆休止中
☆休止中
05/10/23UP
★『汚れた7人』『ブラス・ターゲット』など10作品を追加!
04/11/23UP
★新コーナー開始!『復讐のガンマン』『新・夕陽のガンマン/復讐の旅』をアップ!
02/5/5UP
★<第3回>『ポスター、チラシにみる“70mmマーク”の変遷』
★インターネット・ムービーデータベース(IMDb)で、お気に入りの映画のオリジナル・サイズを調べましょう!
掲示板(BBS)
※諸般の事情により閉鎖しました

★BBS過去ログはこちら

2006/6/10 UP
★新たに『MOONLIGHT GALLERY』を追加しました!


当ウェブサイトは、非営利目的の個人サイトです。当ウェブサイトで使われている画像・商標などは著作権をクリアしていませんが、「映画をオリジナルのサイズで観ることの重要性」を広めることを目的に利用させていただいているもので、営利目的ではございません。この点、ご理解いただければ幸いです。しかしながら、各関係機関からの警告があった場合には直ちにそれに従う用意があります。

記載内容に誤りなどがございましたら、メールにてお知らせ下さいますよう、よろしくお願いいたします。

当ウェブサイトに営利目的は無く、あくまでも『ワイドスクリーン』ファンのための情報交換の場として運営しております。
リンクされたい方は必ずメールにてご連絡願います。無断でリンクすることは御遠慮下さい。(当方、基本的に広く映画関連のHPへの(からの)リンクに限定しています。当HPの内容に合うかどうかこちらで十分審査した上で厳選させていただきたく思っておりますのでお断りさせていただく場合もあると思いますが、あらかじめご了承下さい。)

拙サイトのバナーです。相互リンクいただける場合にお使い下さい。

.

Ads by TOK2