Excell”関数”(MATCH編の紹介

1.文字や数値、せる、計算結果などを一つの文字列として結合させる事が出来るl”関数”ですね。結合できる内容は最大30個ですね。

【l”関数”】

「=CONCATENATE(値1,値2,・・・,値30) 」

【使用例】

・「=CONCATENATE(1,2,3,4)」と指定しますね。()内に記述されている値が結合されますので、「1234」と結果が返されますね。

・「=CONCATENATE(100,"個")」と指定しますね。()内に記述されている数値&文字列が結合されますので、「100個」と結果が返されますね。

この「CONCATENATE」というl”関数”と同じ働きをするものに「&」というものがありますね。使い方は「1&2&3&4」と指定するだけですね。これで「1234」と結果が返って来ますね。

こちらの方が簡単に使えるのでいいと思いますね。

2.文字列を繰り返して結合させた値を返すl”関数”ですね。

【l”関数”】

「=REPT(文字列,繰返しの回数)」

【引数の意味】

文字列   :繰り返したい文字列を記述しますね。

繰返しの回数:指定した文字列の繰返し回数を指定しますね。

       但し、文字列の結果が32767文字以上になるとエラー

【使用例】

・「=REPT("もし",2)」と指定し、"もし"を2回繰り返しますので、「もしもし」と返されますね。

・A1せるに10と入力されているとしますね。「=REPT("a",A1/2)」と指定すると、"a"という文字をA1/2の計算結果、つまり10÷2の計算結果、「5」回繰り返しますので「aaaaa」という値が返されますね。

----------------------------------------------------------------------------------

Excell”関数”(合計に関するl”関数”)

----------------------------------------------------------------------------------

1.合計値を求めるためのl”関数”をご紹介しますね。

【l”関数”】

=SUM(数値1,数値2,数値3,・・・)

【引数の意味】

数値1,数値2,数値3のように()内に記述されている全ての数値を合計しますね。

【使用例】

・「=SUM(1,2,3)」と指定、「6」と結果が返りますね。()内の数値を合計していますね。

・「=SUM(6-4,3*5)」と指定、「17」と結果が返りますね。()内の計算結果をそれぞれ合計しますね。

・「=SUM(A1:A6)」と指定、せるA1,A2,A3,A4,A5,A6の値を合計した結果を返しますね。

・「=SUM(A1:A3,B1:B3)」と指定、せるA1からA3までの合計値、せるB1からB3までの合計値を合計しますね。

2.条件付の合計値を求めるl”関数”をご紹介しますね。

【l”関数”】

=SUMIF(判断する範囲,条件指定,合計する範囲)

【l”関数”の意味】

条件指定をした値に合致する値の合計値を求めますね。

【引数の意味】

判断する範囲:条件に対して比較をする値をせるの範囲で指定しますね。

条件指定  :値を合計する条件式を指定しますね。

合計する範囲:実際に合計をする値が入力されている範囲を指定しますね。

【使用例】

・「=SUMIF(A1:A3,"ABC",B1:B3)」と指定、A1からA3の範囲内に"ABC"の文字列がある場合のB1からB3の合計値を求める。

以上、合計値を求めるl”関数”について二つご紹介しました。参考にしてみてくださいね。


就職活動

中国旅行

赤ちゃん

睡眠障害

業種・職種

バッティング練習方法

yahoo

関数について

位置検索をするためのl”関数”をご紹介しますね。

【l”関数”】

=MATCH(検索する値,検索する範囲,検索する方法)

【意味】

検索する範囲の中から検索する値を探し出して、何番目にあるのかという位置を求めるl”関数”になりますね。

検索する方法によっては、「#N/Aエラー」になることがありますね。このときは検索する値が範囲内にない時に出る場合がありますね。

【引数の意味】

検索する値:検索したい値を直接指定、または検索したい値が入力されているせるを指定しますね。値には文字列、数値などが指定できますね。

検索する範囲:検索したい値が入力されている場所をせるの範囲指定で指定しますね。

検索する方法:0→検索する値と完全に一致する値を求めますね。

       1→検索する値に近い値の位置を求めますね。

       (省略時は「1」指定になります)

       −1→昇順に並んでいる値に対して検索できた位置を求めますね。

以下に使用方法としての例を挙げますので参考にしてください。

【例】

行 A列

1  1

2  3

3  16

4  20

5  22

6  30

7  35

8  40

「=MATCH(16,A1:A8,0)」と指定しますね。

せるA1〜A8の中に「16」という数字は3番目にあるので、返る数字は「3」と返って来ますね。

次に、「=MATCH(25,A1:A8,0)」と指定した場合はせるA1〜A8の中に「25」という数字は無いので「#N/A」と返って来ますね。

まだ使用方法はありますが、上記の例のように指定すると検索できますので参考にしてみてください。

----------------------------------------------------------------------------------

データを正しく取り込むには?

----------------------------------------------------------------------------------

Excelにデータを取り込むときに、「'」などの文字が含まれていると「NULLが不正」という感じで取り込むことが出来ません。

例えば、「'12'34」という文字を取り込むときに、2と3の間のシングルクォーテーションは置換作業などで取り除く事が出来ても先頭のシングルクォーテーションは取り除く事が出来ないので取り込むデータ数が多ければ多いほど、手作業で取り除く事が困難になってきますね。

これを解決するためには、以下の方法がありますね。

せるA1に「'1234」と入力されている場合、せるB1に「=A1」と指定してせるB1を値の貼り付けをすることで先頭のシングルクォーテーションが除去できますね。ただし、この方法は数字が文字列扱いになってしまうのでそれで不具合が出るようだとあまりお勧めできません。

次の解決方法としては、せるB1に「=VALUE(A1)」と指定し、せるB1を値の貼り付けをするということですね。VALUEを指定する事で数字として値を扱ってくれますね。

何かの為に参考に出来るサイトとして以下のサイトをご紹介しますね。

http://www.relief.jp/itnote/archives/000321.php

※値の貼り付けの方法は、l”関数”指定して表示されているせるをコピーしますね。右クリックで指定して貼り付けを選択し、「値の貼り付け」で貼り付けるとl”関数”が取り除かれ表示されている文字(数字)だけを貼り付けてくれますね。

Excell”関数”(COUNTIF編)

以下のようなExcelで行いたい場合の方法をご紹介しますね。

【問題】

A列に入力されている複数の数字から、最小値を求めB列に表示させたい。

(例)A1せる「100*30*5*10」

   B1せる「5」

【検索方法1】

1.対象となるせる(この場合A1せる)を選択しますね。

2.メニュー → データ → 区切り位置 → カンマやタブ を選択し「次へ」

3.区切り文字の所の指定を「その他」→「*」と入力で、数字が4つに分かれますね。

4.区切られた数字の範囲をせる指定し、「=MIN(せる範囲)」と入力すると最小値が検索されますね。

【検索方法2】

マクロでl”関数”を作成しそれを指定する方法ですね。

1.ユーザー定義l”関数”を使用しますね。

2.メニューより「挿入」→「標準モジュール」を選択

3.VBE画面が開いたら以下のコードを記述しますね。

 Function mojimin(Target As Range) As Variant

 Dim A As Variant, B As Variant

 Dim i As Double

 A = Split(Target.Value, "*")

 ReDim B(0 To UBound(A))

 For i = LBound(A) To UBound(A)

  B(i) = CDbl(A(i))

 Next

 mojimin = WorksheetFunction.Min(B)

 End Function

4.最小値を表示させたいせるに「=mojimin(A1)」と指定しますね。

上記二つの方法のいずれを使っても最小値が表示されると思いますので参考にしてみてください。

サブライムストア

サブライムストア

サブライムストア

吃音、どもり

吃音、どもり

吃音、どもり

足が速く、髪

足が速く、髪

足が速く、髪

Ads by TOK2