発汗作用について

だいえっとしたいなら、新陳代謝を高めるのが一番効果的です。

筋肉の量が多い人ほど新陳代謝はアップするので、適度な運動やストレッチが効果的ですが、睡眠も新陳代謝アップと深く関係していますよ。

睡眠中は、たんぱく質が合成されたり、成長ホルモンが分泌されたりと、体づくりの為の大切な時間です。

良い睡眠がとれれば、質の良い筋肉がつくられ、新陳代謝も自然とアップするというわけです。

ですが、最近は睡眠時間の短い人が増えていますよね。

睡眠時間が短いと、こうした体づくりにも影響が出る他に、自律神経のバランスも悪くしてしまいますよ。

自律神経のバランスが乱れると、食欲を調整する脳内物質「セロトニン」と、食欲を抑制する働きをする「レプチン」というホルモンに影響が出てきますよ。

レプチンは、体脂肪が増えたことを脳に伝える働きをしてくれますが、この分泌が乱れると、満腹感を感じなくなってしまい、空腹ではないのに食べてしまう、という恐ろしい現象が起こってしまうのです。

4時間睡眠を2晩繰り返すと、血中のレプチンが18%も減少するという報告もありますよ。

セロトニンは、ストレスを感じたときに反応する脳内物質「ノルアドレナリン」と、食欲や性欲などに関係している脳内物質「ドーパミン」をコントロールしていますよ。

睡眠不足の状態が続くと、セロトニンの分泌が抑えられてしまいますよ。

その結果、ドーパミンが暴走することになり、過剰な食欲が発生してしまうのです。

また、睡眠時間を削って夜更かししていると、ついつい夜食が食べたくなってしまいますよね。

これでは、せっかく運動やストレッチをしていても摂取カロリーオーバーになってしまいますよ。

心と体の健康のためにも、睡眠はしっかりとるように心がけましょう。

yahoo 会社設立 子供机 学習塾 

yahoo

電験3種

ダーツ

奇跡のバッティング練習法

子供の発達障害

不眠症

バイクライディング

育児



停滞期とリバウンド

だいえっとというと、食事制限を思い浮かべる人も多いですよね。

ですが、食事制限で痩せたと思っても、停滞期を迎えてしまったり、リバウンドしてしまったり・・ということはありませんか?

だいえっとをしたい時は、食事制限だけでは満足ではありません。寝ている間でも自然に消費されている新陳代謝量を増やすことが大切です。

私達の体の組織の40%程度は筋肉でできていますが、新陳代謝量は筋肉の量によって左右されますよ。

同じような体格で体重も同じなのに、やせ方に違いが見られることがありますが、これは筋肉量の違いのためです。やせやすい体を作るには、筋肉の量を増やすことが一番なのですね。

食事制限でだいえっとをすると、脂肪と一緒に筋肉も落ち、新陳代謝も低下してしまいますよ。

一時的に痩せたように感じても、新陳代謝が低下しているため、その後はなかなか体重が落ちません。これが停滞期ですね。

さらに、その後少し多めにエネルギーをとると、以前よりもエネルギーが代謝されずに太りやすくなっているので、体脂肪が増えてしまいますよ。これがリバウンドです。

筋肉の量は、16才〜18才前後がピークとなり、その後はどんどん減っていきますよ。成長ホルモンの低下や、たんぱく質合成の低下によるものですが、40才を過ぎると急激に下降してしまいますよ。

こうして年齢と共に新陳代謝も低下していくわけですが、この低下を防ぐためには新陳代謝を意識したトレーニングで筋肉を鍛えておくことが大切なのです。

適度な運動で太りにくい体を作り、健康維持を心がけましょう。

生きるために必要最低限のエネルギーである新陳代謝量。

安静にしている場合や、寝ているときでも消費されている新陳代謝は、だいえっとを考えている人にとっては大事なポイントであると言われていますよ。

新陳代謝量を高めると、消費エネルギーを増やして太りにくい体を作りますが、この他にも、新陳代謝を高めることで体に良い効果はいくつかありますよ。

美容の面でも良い効果が期待できますよ。

新陳代謝量が増えるということは、それだけ全身の細胞に頻繁に酸素や栄養素が運ばれ、新陳代謝も活発になるので全身の細胞が若々しくなりますよ。

また、細胞が若返ることによって、顔のつやハリ、髪の毛にもつやが出て美しくなりますよ。

見た目の美しさだけではなく、体の中も健康になりますよ。

細胞が若返るということは、臓器を形成している細胞も若返るということですよね。

内臓そのものの働きもよくなるというわけなのです。

そして、内臓の働きが良くなると内臓脂肪が燃焼されますよ。

最近では見た目には太っているように見えなくても、内臓に脂肪がついている隠れ肥満の人が多いと言われていますね。内臓に脂肪がつくと、コレストロールが高くなったり、中性脂肪が増えて血液がドロドロになったりしてしまい、様々な病気を引き起こす原因となりますよ。

新陳代謝を高めて、内臓脂肪を燃焼し、健康的にだいえっとしましょう。

また、便通も良くなり、利尿効果が高まる効果も期待できますよ。まさに体の中からも外からも綺麗になれるということですね。

ディズニーキャラクターのクレジットカード ディズニーのクレジットカード

ディズニーのクレジットカード ディズニーキャラクターのクレジットカード登場




食事誘導性熱代謝量を高めるには?

1日の消費エネルギーの中では、割合的には少ない食事誘導性熱代謝量ですが、新陳代謝量や運動量と同時に高めておけば、より効果的にだいえっとをすることができますよ。

食事誘導性熱代謝量を高めるにはどうしたら良いのでしょう。

まず、食事をする前に、軽く運動しておきましょう。

食事の前に運動をすると、燃焼される脂肪の量が多くなりますよ。

エネルギーも長く持続するようになるので、食べる量も少なくて済みますよね。

ハードな運動でなくても、軽いストレッチでも効果的ですよ。是非実践してみてください。

冷たいものよりも温かいものを食べるようにしましょう。

温かいものを食べると、体がぽかぽかしてきますよね。温かくなって血行が良くなると、新陳代謝を高めることになりますよ。香辛料などで胃腸を刺激し、血行を良くすることも効果的です。

ちょっと意外ですが、食べ物を美味しい、と感じることも大切ですよ。

味覚と嗅覚が刺激されると、交感神経が刺激されて、ノルアドレナリンが分泌されますよ。これにより、心拍数の増加や血圧の上昇が促され、消費エネルギーが多くなるというわけです。食事は家族みんなで、楽しく食べた方が良いということですね。

その他に、朝食をしっかりととることも大切です。

食事誘導性熱代謝量は、朝が最も高く、次第に低くなっていきますよ。夜に食べたものは消費されにくいので、夜食などは太る原因になりますよ。

夕食はできるだけ早い時間にし、朝食はしっかりとって、エネルギーとして消費しておくことをおすすめしますよ。

タグ

出産 

住宅ローン

自動車保険

二重まぶた

英会話上達

yahoo

Ads by TOK2