日本百名山の旅  八ヶ岳・赤岳 登山
はじめに・アクセス

文三郎道より赤岳


2009年の日本百名山の旅は、八ヶ岳です。
地元の富山から日帰りでどこまで遠征出来るかの実験も兼ね、また高速料金が1000円の期間も幸いし、取り合えず八ヶ岳を選びました。

車道は、富山AM3:00スタート→安房トンネル→松本→長野道→美濃戸AM6:20到着です。

これより、予定では、
美濃戸→南沢→行者小屋→文三朗尾根(道)→赤岳→横岳→硫黄岳→赤岳鉱泉→美濃戸
の日帰り贅沢プランでした。






登山コースイメージ









美濃戸AM6:30分に順調にスタートし、
南沢をしばらく歩くと、登山道が崩落してるのではないか!




2009年7月の南沢ルートの状態



我々は道無き道を探し、行者小屋を目指したが、とうとう行き詰ってしまう。
仕方なく勇気の洗濯!もう一度美濃戸に戻り、北沢より登山する事にする。

美濃戸の分岐点にはAM8:30に到着、約2時間と800Kカロリーを消費した。
この時間では、当初の縦走計画は断念し、八ヶ岳の最高峰・赤岳狙いに変更します。

(北沢ルートは南沢ルートより赤岳までの距離が長い)とても残念である。


ここからは、その
北沢より赤岳鉱泉→行者小屋→文三郎尾根(道)→赤岳頂きまでを記す!



現在(2013年)の南沢ルートを確認した所
は整備されているそうです。

こちらへ









山 名 八ヶ岳 赤岳 (やつがだけ あかだけ)
場所 長野県 美濃戸 出発
標高 赤岳 2899m
ルート 登り 美濃戸より、北沢コース→赤岳鉱泉→行者小屋→文三郎道→赤岳
下り 同一(ピストン)

 
登り
高度差 
約1,163m 
累積標高プラス   1,888m
累積標高マイナス 725m

平均勾配16%

 
 登り  3時間20分(休憩含む)
 下り
  2時間30分
登り

沿面距離 片道7,779km
往復 沿面距離15.558km

詳細

駐車場・標高1700m 8:35出発→赤岳鉱泉・標高2210m 10:00
登山時間1:25分 距離4624m 標高差510m

赤岳鉱泉 標高2210m 10:10出発→行者小屋・標高2350m 10:35
登山時間25分 距離1115m 標高差140m

行者小屋 標高2350m 10:40出発→赤岳頂き・標高2899m 11:50
登山時間1:10分 距離2040m 標高差549m

歩数 片道11,500歩 消費カロリー登り1749KCal・下り1126KCal 合計2875KCal

心拍計・ランニングCPに付いては、こちらへ
登山 2009年07月12日
天候  曇りのち雨 下山・晴れ
登山ルート


南沢ルートは途中登山道が崩落しており迷ったあげく引き返し、北沢より改めて登山開始する。南沢の登山トラックを見る
限り、コースを大きく外れ阿弥陀岳に向かっている
。引き返して正解であった。またこのGPSはトラック専用
(軌跡データー保存)の為、英語使用・詳細な日本登山地図データーが入っておらず
、こんな時に役立たずでした。反省するしだいです。


標高・距離
グラフ



美濃戸より北沢ルート→文三郎道にて赤岳
カシミール標高グラフ

登山道3D
イメージ


美濃戸より北沢ルート→文三郎道にて赤岳
カシミール3D



駐車場まで
最寄の温泉 もみの湯



アクセス






富山市より、AM3時に出発し、41号線にて南下、安房トンネルより松本に抜け、そこから長野高速に入ります。写真はその高速の諏訪湖サービスエリアにて休憩をとった所です。時間AM5:15









富山のような田舎では見たことの無い、ハーレーダビッドソンのトレーラーを見て興奮していたのは、自分だけであった。







諏訪南インターにて高速を下り、八ヶ岳に向かいます。今回の登山は美濃戸登山口なので、方向的には美濃戸別荘地に車を向かわせます。







自分の持つ、登山ガイド「日本百名山・登山ガイド(下)山の渓谷社では、八ヶ岳山荘から徒歩(60分)となっているが、調べた結果、その先の美濃戸山荘まで車を乗り入れる事が出来ると判明!美濃戸山荘まで車で行く事にした。
ここでは、美濃戸別荘地から美濃戸山荘までのアクセスを簡単に紹介する。写真より丸で囲んでいるY字路は写真を掲載!!








美濃戸別荘地、入口付近のY字路です。右側の道に行く! 地図より1番です。








Y字路の分岐付近には、八ヶ岳登山口の案内が有ります!






先ほどの一番のY字路を過ぎ、しばらく走ると、またY字路が現れ、そのY字路も右側を走ります。 地図より2番です。







そのまま道沿いに走ると、八ヶ岳山荘が現れます。この付近で車を駐車する場合は駐車料金が500円です。

八ヶ岳山荘の公式HPは
こちらへ






このページの最初にも紹介しましたが、この八ヶ岳山荘に車を止めると、更に先にある美濃戸山荘までは、徒歩60分掛ります。それを短縮方法として、そこまで車で行く事が出来ます。八ヶ岳山荘を過ぎ直ぐの所にその登山道が有り、左に行きます。

地図より3番す。







そこからの道は、舗装路から砂利道と成る。







砂利道は、最初は走り易い状態だが、中盤からは、写真の様に陥没している箇所が多く、すれ違いも難しいほどの細い道です。車高の低い車は
、車底を傷める恐れがあるので注意した方が良いと思われます!









駐車場に到着です。結構広い空間と感じるが、舗装はされていません








駐車料金は赤岳山荘に支払います。

駐車代1000円

美濃戸別荘地にある八ヶ岳山荘の駐車料金は500円・美濃戸まで来ると1000円この500円の差をどう見るか?もちろん道も悪いが、歩く距離は大変短くなります。


駐車場の詳細情報は
こちらへ










道の正面に阿弥陀岳が見え、登山意力が増してきます。








駐車代金を支払った赤岳山荘から2〜3分程度歩いた所に美濃戸山荘がありました!












周辺案内図UP




















最新情報はこちらが便利です。



















・・・

・・・

・・・・

1