・Ath64 X2機の電源を交換してみる。  表紙に戻る
  6年使った電源を、ぼちぼち交換してみましょ。

いんとろ

LW-6300Hが「音楽機の電源を交換してみる。」で登場してから6年が経つ。
当時の音楽機だったAthXP機はやがて汎用機となり、そして今年の3月に逝った。
残されたLW-6300HはAth64 XP機に移植したが、たま〜に勝手に再起動したりする。

電源だけのせいにするのは何だが、元々安物だし、6年物となれば…ぼちぼち引退か?
音楽機に昇圧トランスを使ってみる。」の件もあるし、電源を交換してみる。
で、動作確認のついでにちと実験。

新電源と旧電源

交換用に入手したのは2,580円な「SILENTKING RETRO2」の370Wの物。

000.jpg
型番は「EG-370RT2」。1年保障で少し安心。90V起動には密かに期待。

001.jpg
主な仕様はこんな感じ。

旧電源を外して、新旧2つを並べてみる。

002.jpg
ファン側。左が新電源で、右が旧電源。

003.jpg
裏側。左が新電源で、右が旧電源。

そんでもって新電源装着。

004.jpg
交換後のPC内部。

ついでに実験

旧電源(LW-6300H)と新電源(EG-370RT2)それぞれで、

・PC起動後30分くらい放置した時(通常時)
・スーパーπ*2を3,355万桁で実行して15分後(負荷時)

にSpeedFanの画像を保存し、温度と電圧を確認する。
ちなみに旧電源は昇圧トランス有のままで、新電源は昇圧トランス無。

旧電源(昇圧トランス有)の結果

通常時
01-01.png

負荷時
01-02.png

新電源(昇圧トランス無)の結果

通常時
02-01.png

負荷時
02-02.png

えんぢんぐ

温度、電圧ともに、新旧の差はあまりないかも。
新電源の+12Vが高いな…と、思ったら旧電源で低かったのでBIOSで+10%して使ってたんだっけ(笑)
新電源は大丈夫そなので、標準に戻そかね。

『90V起動』『国内低電圧環境対応』な新電源が冷房でどーなるかは気になる。
また、ファンの回転数が可変とのことで、音と発熱具合についても同様。
暑くなったらまた確認しましょ。
↑に戻る

実験室に戻る  最初に戻る



















Ads by TOK2