・ナイロン弦なエレアコをマイクとラインで録音してみる。前半。  表紙に戻る
  ナイロン弦なAPX-6CSのマイク録りとライン録りの違い。

いんとろ

以前、APX-6CSとZII-HGとでマイク録りとライン録りの比較をした。
APX-6CSのマイク録りとライン録りの違い。
ZII-HGのマイク録りとライン録りの違い。

今度はナイロン弦でやってみる。
今回はAPX-6CS、次回がZII-HGの予定。
ギター自体の紹介は前回したので割愛。

実験方法

基本的に前回と同じでオーディオI/OがUA-5でマイクはMXL V67G。
マイクを入力1、エレアコのライン出力を入力2に接続。
Cubaseで見て両者の音量差が少なくなるようにUA-5側でゲインを調節。

マイクはサウンドホール辺りを20cm程離して狙ってみる。
プリアンプの出力は全開でEQはフラット。
演奏...と、ゆーか音は

・6弦から1弦に向けてオクターブのハーモニクス。
・G→D→Gのコード進行でストローク。
・G→D→Gのコード進行でアルペジオ。

の3種をカポ無しとカポ有り(5フレット)でそれぞれ録音。
ちなみに弦はAUGUSTINEのREGALS。
張ってから4ヶ月程経過している。

augustine_regals.jpg
AUGUSTINEのREGALS
カポ無しの結果

ハーモニクスのマイク録り
APX-6CS_Mic_Capo0_Ha2.png
カポ無しハーモニクスのマイク録りなmp3

ハーモニクスのライン録り
APX-6CS_Line_Capo0_Ha2.png
カポ無しハーモニクスのライン録りなmp3

ストロークのマイク録り
APX-6CS_Mic_Capo0_St2.png
カポ無しストロークのマイク録りなmp3

ストロークのライン録り
APX-6CS_Line_Capo0_St2.png
カポ無しストロークのライン録りなmp3

アルペジオのマイク録り
APX-6CS_Mic_Capo0_Ar2.png
カポ無しアルペジオのマイク録りなmp3

アルペジオのマイク録り
APX-6CS_Line_Capo0_Ar2.png
カポ無しアルペジオのマイク録りなmp3

カポ有り(5フレット)の結果

ハーモニクスのマイク録り
APX-6CS_Mic_Capo5_Ha2.png
カポ有りハーモニクスのマイク録りなmp3

ハーモニクスのライン録り
APX-6CS_Line_Capo5_Ha2.png
カポ有りハーモニクスのライン録りなmp3

ストロークのマイク録り
APX-6CS_Mic_Capo5_St2.png
カポ有りストロークのマイク録りなmp3

ストロークのライン録り
APX-6CS_Line_Capo5_St2.png
カポ有りストロークのライン録りなmp3

アルペジオのマイク録り
APX-6CS_Mic_Capo5_Ar2.png
カポ有りアルペジオのマイク録りなmp3

アルペジオのライン録り
APX-6CS_Line_Capo5_Ar2.png
カポ有りアルペジオのライン録りなmp3

えんぢんぐ

全体的に細い気がするのはAPX-6CSの特徴かしら?
ピエゾに馴染みが無い所為かどーもライン録りの音は好みでない。
と、言ってマイク録りが特別に良いとゆー気もしない。

ナイロン弦向きではないのかも。
鉄弦でエレアコしたほーが扱い易そ。
ちなみに前回気になった雑音は何故か今回は出なかった。

さて、最後までお付き合い頂いたお礼にお土産を用意しました。
・Ave 300のデータを保存した「WSO」ファイル。
・この頁。
の2点セットです。

え”?要りませんか?(^ ^;
まま、そうおっしゃらずにどうぞ

実験室に戻る  最初に戻る



















Ads by TOK2