・エレアコをマイクとラインで録音してみる。後半。  表紙に戻る
  ZII-HGのマイク録りとライン録りの違い。

いんとろ

2台目のエレアコを入手し、006Pの充電池も追加購入した。
これで今まで生で使う事が多かったエレアコも今後は手軽にライン出力が楽しめる。
と、ゆー訳で生音とライン出力の違いを簡単に確認してみる後半で今回はZII-HG。

実験方法

前半を参照。

Tornado ZII-HGの紹介

手持ちのエレアコ2号。
近所のリサイクル屋さんにて12,800円で入手。
まだ入手したてなのであまりいぢってない(^ ^;

胴は横裏一体型のラウンドバックなシングルカッタウェイ。
少々頭が重いが右肘を乗せると具合良く抱え心地は好み(^ ^)
生音は昔のMorrisに似ててこれまた好み(^ ^)

z2hg_00.jpg
正面と裏面。弦はサドルに通すタイプ。弦交換がとっても楽(^ ^)
裏面に出力端子が見える。膝の当る辺りには滑り止めらしき加工。


z2hg_01.jpg
横面と頭の拡大。ラウンドバックですな。少し頭が重い。ペグやストラップピンは金色。

z2hg_02.jpg
プリアンプの操作部拡大。3バンド。

z2hg_03.jpg
なんとなく穴の中のラベル。胴の模様はファイバー製みたい。

カポ無しの結果

ハーモニクスのマイク録り
ZII-HG_Mic_Capo0_Ha.png
カポ無しハーモニクスのマイク録りなmp3

ハーモニクスのライン録り
ZII-HG_Line_Capo0_Ha.png
カポ無しハーモニクスのライン録りなmp3

ストロークのマイク録り
ZII-HG_Mic_Capo0_St.png
カポ無しストロークのマイク録りなmp3

ストロークのライン録り
ZII-HG_Line_Capo0_St.png
カポ無しストロークのライン録りなmp3

アルペジオのマイク録り
ZII-HG_Mic_Capo0_Ar.png
カポ無しアルペジオのマイク録りなmp3

アルペジオのマイク録り
ZII-HG_Line_Capo0_Ar.png
カポ無しアルペジオのマイク録りなmp3

カポ有り(5フレット)の結果

ハーモニクスのマイク録り
ZII-HG_Mic_Capo5_Ha.png
カポ有りハーモニクスのマイク録りなmp3

ハーモニクスのライン録り
ZII-HG_Line_Capo5_Ha.png
カポ有りハーモニクスのライン録りなmp3

ストロークのマイク録り
ZII-HG_Mic_Capo5_St.png
カポ有りストロークのマイク録りなmp3

ストロークのライン録り
ZII-HG_Line_Capo5_St.png
カポ有りストロークのライン録りなmp3

アルペジオのマイク録り
ZII-HG_Mic_Capo5_Ar.png
カポ有りアルペジオのマイク録りなmp3

アルペジオのライン録り
ZII-HG_Line_Capo5_Ar.png
カポ有りアルペジオのライン録りなmp3

えんぢんぐ

生音と比べるとマイク録りは引っ込み過ぎ。
モコモコ感が強いとゆーか...これまたマイクの特性や位置が原因な気がする。
FFTの絵で見るとやはりライン録りのほーが高域が出てる。

ライン録りは細いがクッキリしている。
マイク録りと混ぜると生音に近くなるかも。
ちなみにAPX-6CSと比べて生音は大きいがライン出力は小さい。

さて、最後までお付き合い頂いたお礼にお土産を用意しました。
・Ave 300のデータを保存した「WSO」ファイル。
・この頁。
の2点セットです。

え”?要りませんか?(^ ^;
まま、そうおっしゃらずにどうぞ

実験室に戻る  最初に戻る



















Ads by TOK2