2013/06/17
GGERに参加してきました。

今回はマッキのお披露目と言うこともあり
宿泊参加しました。
hiroseさんの開会宣言。

いつもありがとうございます。
小諸フライングクラブ関係者のご挨拶。
毎回場所提供ありがとうございます。
さてマッキの設計者なかやんに
ご挨拶。

写真には写っていませんが、奥様と
変則参加。
今回はビデオカメラ搭載。
垣内さんのF−1
相変わらずすばらしい機体です。

飛行は・・・。
末尾でご紹介。^_^;
記録係をいつもありがとうございます。

黒澤さんのjepeF-16
ひろせさんはmig-15の新作2機も
セ−バ−
50mmクラス機
レース参加機の一部
pokyさん
プロペラ機も飛行Ok
oodeさんF-18
14も
katagisiさんの新作
アルファ90mm

フルスクラッチです。

しかし水平尾翼が・・・。
これも新作50mmクラスレース用
これはマッキの脚修理中。

オーバーランでの破損です。
P51Dさんのf-4フルスクラッチです。
コクピットがまたすばらしいです。
飛びも完璧
これは私の新作スターマックスのF-5

この日にあわせてマッキと同時進行
しようとしましたが、間に合わず
土曜日よる、宿で製作して日曜日に
間に合わせ、初飛行。

しかし説明書が適当だったため、解釈
の末前の設定のほうにしておこうと
50g錘を積んだところ、滑走時浮こう
としません。フルアップの末かろうじて
離陸しましたが、その後もフルアップ
です。旋回させようとしたところ、くるっと
失速墜落。

藪に刺さってしまいました。(T_T)/~~~
115mmのほうが正解だったようです。
そして飛ばなかった私のM346
生まれたての子鹿の脚は
タキシング中にハの字に開いていきます。
そのうえオレオの部分が軸内で回って
しまい、そのままブレーキになって
しまいました。
推力計をkatagisiさんが持っていま
したので、計測してもらうと3.5kgしか
出ていません。
F-18のユニット流用でしたが、
F-18は全備重量3.8kgでしたので
飛行可能でしたが、今回は無理と判断
し展示のみとなりました。
その上片側80A流れています。
これはもうユニットを見直さないと
いけません。
大きさ比較のため、ボーイングさんの
ホークを。
集合写真
機種別集合写真
マッキM346
okuzumiさんのHETf-18
10セル90mm×1
4500g
脚が不安だそうです。
引込機構部分も樹脂だそうです。

なので後日の尾島まで持ち越ししました。
oodeさんの
262です。

いいですね。飛ばしやすそうです。

が離陸失敗も^_^;
同じくoodeさんのちいさいムスタング

いや〜〜この大きさでこのスケール感は
すごいです。
以下と撮りっ放しで・
痛F-16
ブルーノートのk川さんも旧友との
再会でみえました。

35mmのセーバー持ってきていたので
バトルをしてみました。
まあF3Aのトップフライヤーですので
戦いにはなりませんでしたが・・・。
そしてF-1パイロットの休息風景です。
藪没したF-1を改修した後
疲れ果て、脇の小川で足を洗っていました。
ということで、写真に取れませんでしたが、50mmクラス・ノンリミクラスのパイロンレース
また集団定点着陸競技など大変盛り上がったGGEJRでした。
小諸フライングの皆様、開催スタッフの皆様
ありがとうございました。
今後ともよろしくおねがいします。

別館トップページへ戻る

Ads by TOK2