レイアウトについて考えてみよう!
(概論編1)
概論編1では視覚度、図版率、ジャンプ率について説明します。



・視覚度

    ページは文字、写真、イラストなどで構成されますが、それぞれ見た目の影響力が違います。一般的には文字よりも写真、写真よりもイラストのほうが視覚度が高いといえます。



    写真の内容にによっても視覚度は変わります。そこには見る人の興味、嗜好が反映されます。一般的に最も強い訴求力を持つものは人間、特にアップの顔です。逆に最も低い訴求力を持つものは雲、海などの風景です。



    視覚度を高くすると、読みやすく、親しみやすくなりますが、軽率、安価な印象も生まれます。文書の内容に合った視覚度を使用することが大切です。また、自分が見てもらいたい主役の横に視覚度の高いものを置くと、主役が目立たなくなります。アピールしたいものは、はっきり、すっきりさせることが大切です。



・図版率

    文章全体に占める図版の割合を図版率といいます。文字だけのページは図版率0%、写真やイラストだけのページは図版率100%です。

    小笠原諸島は東京から南に約1000kmの位置にあり、行政区分は東京都小笠原村となる。諸島は父島、母島、その他の島々から構成されるが、人が住んでいるのは父島、母島のみ、人口は父島約2000人、母島約400人程度。諸島への唯一の交通機関は五日に一便程度運行されている「おがさわら丸」だけであり、片道25時間30分かかり、料金は2等で2万3000円程度(7月、8月はさらに割高となる)。気候は亜熱帯に属し、紫外線量は東京の30倍、気温は、年間で最低でも20度程度、12月頃までは海で泳ぐことも可能。誕生してから一度も陸と繋がったことがない大洋島であり、貴重な固有種も多い。また、交通が不便なことにより、大規模なリゾート開発も行われておらず、手付かずの自然が多く残されている。島の最大の産業は公共事業。その他の産業は漁業、観光程度。島の周りにはイルカが住み着き、クジラも回遊してくる。このため、ドルフィンスイム、ホエールウォッチングなどが可能。 小笠原諸島は東京から南に約1000kmの位置にあり、行政区分は東京都小笠原村となる。諸島は父島、母島、その他の島々から構成されるが、人が住んでいるのは父島、母島のみ、人口は父島約2000人、母島約400人程度。諸島への唯一の交通機関は五日に一便程度運行されている「おがさわら丸」だけであり、片道25時間30分かかり、料金は2等で2万3000円程度(7月、8月はさらに割高となる)。気候は亜熱帯に属し、紫外線量は東京の30倍、気温は、年間で最低でも20度程度、12月頃までは海で泳ぐことも可能。誕生してから一度も陸と繋がったことがない大洋島であり、貴重な固有種も多い。また、交通が不便なことにより、大規模なリゾート開発も行われておらず、手付かずの自然が多く残されている。島の最大の産業は公共事業。その他の産業は漁業、観光程度。島の周りにはイルカが住み着き、クジラも回遊してくる。このため、ドルフィンスイム、ホエールウォッチングなどが可能。 小笠原諸島は東京から南に約1000kmの位置にあり、行政区分は東京都小笠原村となる。諸島は父島、母島、その他の島々から構成されるが、人が住んでいるのは父島、母島のみ、人口は父島約2000人、母島約400人程度。諸島への唯一の交通機関は五日に一便程度運行されている「おがさわら丸」だけであり、片道25時間30分かかり、料金は2等で2万3000円程度(7月、8月はさらに割高となる)。気候は亜熱帯に属し、紫外線量は東京の30倍、気温は、年間で最低でも20度程度、12月頃までは海で泳ぐことも可能。誕生してから一度も陸と繋がったことがない大洋島であり、貴重な固有種も多い。
    また、交通が不便なことにより、大規模なリゾート開発も行われておらず、手付かずの自然が多く残されている。島の最大の産業は公共事業。その他の産業は漁業、観光程度。島の周りにはイルカが住み着き、クジラも回遊してくる。このため、ドルフィンスイム、ホエールウォッチングなどが可能。


    図版率が低すぎると、読む気がしなくなります。図版率が高くなりすぎると、沈黙の不気味な雰囲気になります。図版率が50%くらいが最も好感度が高いようです。もちろん、ページの内容によって、適正な図版率は変わってきます。



・ジャンプ率

    文字と文字、写真と写真などの大きさの比をジャンプ率といいます。ジャンプ率を上げると元気で親しみやすく、ジャンプ率を下げると大人しく上品になります。

    小笠原の素敵
    小笠原諸島は東京から南に約1000kmの位置にあり、行政区分は東京都小笠原村となる。諸島は父島、母島、その他の島々から構成されるが、人が住んでいるのは父島、母島のみ、人口は父島約2000人、母島約400人程度。諸島への唯一の交通機関は五日に一便程度運行されている「おがさわら丸」だけであり、片道25時間30分かかり、料金は2等で2万3000円程度(7月、8月はさらに割高となる)。気候は亜熱帯に属し、紫外線量は東京の30倍、気温は、年間で最低でも20度程度、12月頃までは海で泳ぐことも可能。誕生してから一度も陸と繋がったことがない大洋島であり、貴重な固有種も多い。また、交通が不便なことにより、大規模なリゾート開発も行われておらず、手付かずの自然が多く残されている。島の最大の産業は公共事業。その他の産業は漁業、観光程度。島の周りにはイルカが住み着き、クジラも回遊してくる。このため、ドルフィンスイム、ホエールウォッチングなどが可能。
    小笠原の素敵
    小笠原諸島は東京から南に約1000kmの位置にあり、行政区分は東京都小笠原村となる。諸島は父島、母島、その他の島々から構成されるが、人が住んでいるのは父島、母島のみ、人口は父島約2000人、母島約400人程度。諸島への唯一の交通機関は五日に一便程度運行されている「おがさわら丸」だけであり、片道25時間30分かかり、料金は2等で2万3000円程度(7月、8月はさらに割高となる)。気候は亜熱帯に属し、紫外線量は東京の30倍、気温は、年間で最低でも20度程度、12月頃までは海で泳ぐことも可能。誕生してから一度も陸と繋がったことがない大洋島であり、貴重な固有種も多い。また、交通が不便なことにより、大規模なリゾート開発も行われておらず、手付かずの自然が多く残されている。島の最大の産業は公共事業。その他の産業は漁業、観光程度。島の周りにはイルカが住み着き、クジラも回遊してくる。このため、ドルフィンスイム、ホエールウォッチングなどが可能。


    写真の場合は、ジャンプ率を上げるとページ全体がシャープになり、ジャンプ率を下げると穏やかになります。大きな枠には、よりアップの画像を配置するのが原則です。

    小笠原諸島は東京から南に約1000kmの位置にあり、行政区分は東京都小笠原村となる。諸島は父島、母島、その他の島々から構成されるが、人が住んでいるのは父島、母島のみ、人口は父島約2000人、母島約400人程度。諸島への唯一の交通機関は五日に一便程度運行されている「おがさわら丸」だけであり、片道25時間30分かかり、料金は2等で2万3000円程度(7月、8月はさらに割高となる)。気候は亜熱帯に属し、紫外線量は東京の30倍、気温は、年間で最低でも20度程度、12月頃までは海で泳ぐことも可能。誕生してから一度も陸と繋がったことがない大洋島であり、貴重な固有種も多い。
    また、交通が不便なことにより、大規模なリゾート開発も行われておらず、手付かずの自然が多く残されている。島の最大の産業は公共事業。その他の産業は漁業、観光程度。島の周りにはイルカが住み着き、クジラも回遊してくる。このため、ドルフィンスイム、ホエールウォッチングなどが可能。
    小笠原諸島は東京から南に約1000kmの位置にあり、行政区分は東京都小笠原村となる。諸島は父島、母島、その他の島々から構成されるが、人が住んでいるのは父島、母島のみ、人口は父島約2000人、母島約400人程度。諸島への唯一の交通機関は五日に一便程度運行されている「おがさわら丸」だけであり、片道25時間30分かかり、料金は2等で2万3000円程度(7月、8月はさらに割高となる)。
    気候は亜熱帯に属し、紫外線量は東京の30倍、気温は、年間で最低でも20度程度、12月頃までは海で泳ぐことも可能。誕生してから一度も陸と繋がったことがない大洋島であり、貴重な固有種も多い。また、交通が不便なことにより、大規模なリゾート開発も行われておらず、手付かずの自然が多く残されている。島の最大の産業は公共事業。その他の産業は漁業、観光程度。島の周りにはイルカが住み着き、クジラも回遊してくる。このため、ドルフィンスイム、ホエールウォッチングなどが可能。



    ホームページへ戻る
Ads by TOK2