HOME > SIM LIST > 1992

F29 RETALIATOR(NEC PC-9801版)

splash screen

1989年にAMIGA用に発売され、IBM PC用に移植された後、PC-9801用にも移植され、イマジニアから発売されました。
当時重くなっていく一方だったフライトシムの中でとにかく軽快なソフトで、オリジナルのPC-9801DA(386DX 20MHz)でも軽々と動作しました。
搭乗可能機体はF-29(X-29)とF-22です。

全般

from the opening animation
PC-9801版のオープニングアニメーションより
stuff for PC-9801 version(17KB)
PC-9801版のスタッフ
媒体はFD2枚組で、HDDにMAOIXを適用したインストールが可能ですが、プロテクトがかかっており実行にはオリジナルのDISC2が必要です。インストール後はHDDを770KB程占有します。
50ページのマニュアル及びキーマップが付属しています。
ディスクプロテクトのため、IBM PC版とは異なり、マニュアルプロテクトはありません。
また、YF-22がスクランブルしてSu-27を撃墜するという絵柄が日本調のオープニングアニメーションが追加されています。
メインメニューはENROL TO AIR FORCE、CHOOSE YOUR SCENARIO、SELECT PLANE、SELECT ARMAMENT、VIEW TOP GUN PILOT、ZULU ALERT、MISSION CONTROL、HEAD TO HEADから構成されています。プレイヤーはENROL TO AIR FORCEで難易度の設定及び名前の登録を行います。
CHOOSE YOUR SCENARIOではシアターを選択することができます。シアターとしてはアリゾナの砂漠での訓練太平洋上の島々の油田を巡る紛争中東の紛争ヨーロッパにおける第3次世界大戦が用意されています。
SELECT PLANEではプレイヤーが操縦する戦闘機として、F-22またはF-29を選択できます。F-22といっても80年代にATFロッキード案として発表されていた想像図に基づくカナード付デルタ翼の双発戦闘機で、実際のF-22とは別の機体です。F-29は前進翼実験機であるX-29をモデルに垂直尾翼にまで前進角を持たせた架空の単発戦闘機です。
ZULU ALERTはいわゆるクイックミッションです。
HEAD TO HEADでは232Cケーブルまたはモデムによる1vs1の対戦が可能です。
main menu(16KB) Click for a bigger image
メインメニュー
ENROL TO AIR FORCE(10KB)
パイロット登録
Theatre(16KB) Click for a bigger image
シアター選択
Slect fighter(18KB) Click for a bigger image
航空機選択

F-29 (3KB) Click for a bigger image
F-29 RETALIATOR
F-22 in RETALIATOR (3KB) Click for a bigger image
RETALIATOR版F-22

アビオニクス及び武装

コックピットはHUD及び3台のMFDRWRディスプレイ及び各種警告灯等で構成されています
武装は対空対地で9種類選択できます。BACKWINDERという後方発射AAMが目新しいです。
飛翔中の空対地ミサイルのシーカがロックしている目標の画像がダウンリンクされてコックピットのMFDに表示される等細かい演出がなされています。また、被弾すると一時的に各システムの警告灯が点いた後、自動的に自己診断を起動し、正常動作に復帰するという模擬もされています。
脚下げやフラップ下げの速度制限が模擬されており、離陸後にもたもたしているとすぐに脚の警告灯が点灯します。
The Cockpit of F29 RETALIATOR (8KB) Click for a bigger image
F29 RETALIATORのコックピット
Loadout (19KB) Click for a bigger image
F-22の武装搭載画面
The Cockpit of F29 RETALIATOR (8KB) Click for a bigger image
F29 RETALIATORのコックピット
Loadout (15KB) Click for a bigger image
F-29の武装搭載画面

フライトモデル

Level Flgiht Envelope Max speed only(2KB)
フライトエンベロープ
ダイナミクスは無くキーボードで容易に操縦可能です。
ブラックアウトもしくは失速時には警報音と共に一定時間操舵不能となり、その後自動的にリカバリーします。従って当然のことながら低空飛行時には操舵不能の間に墜落となります。失速には事前のバフェット等の兆候が一切無いので、注意が必要です。
F-22とF-29のフライトエンベロープは同一として模擬されているようです。

グラフィック

見た目はIBM PC版に比べて遜色なく、16色のハンディを感じさせません。
同時期の国産物であるエアーコンバットIIIや米国移植物であるF-15 STRIKE EAGLE II等と違う落ち着いた雰囲気があります。
DOS窓で動作可能であり、その場合にスクリーンショットは、[COPY]により、クリップボード経由保存することができます。
a F-29 and a ship (3KB) Click for a bigger image
F-29と戦艦
Ejection (4KB) Click for a bigger image
脱出



Copyright(c) FLIGHT SIM HERITAGE 1998-2002. All Rights Reserved.
本ページの画像はF29 RETALIATOR(PC-9801版)のスクリーンショットであり知的所有権はDID及びイマジニアが所有しています。
Some material copyright DID and Imagineer 1992.


[F29 RETALIATOR(IBM PC版)][F29 RETALIATOR(PC-9801版)][TWIN CALIBRE]
[TFX (CD版)][TFX (日本語版)][HI-TECH MISSIONS]
[EF2000][TACTCOM][SEF2000][EF2000G+][EF2000 Ver.2.0]
[F-22 ADF][RED SEA OPERATIONS][F-22 ADF完全日本語版]
[TOTAL AIR WAR][TOTAL AIR WAR完全日本語版]
[EUROFIGHTER TYPHOON][OPERATION ICEBREAKER]
[FLIGHT LOG][SIM LIST][RANKING]
[HOME]
Ads by TOK2