HOME > My Cockpit > Bin-3

玄人志向 RH7750-E1GHD (RADEON HD7750 1GB)

HD7850 HD7850
LAST UPDATED May 24, 2014
自作参号機(Aopen XCcube EZ482)で1年程使用していたAFOX AF7850-2048D5S1 (RADEON HD7850 2GB)の後継として、2014年5月にオークションにて中古品を6500円程で入手しました。


カード長の比較(上がHD7850下がHD7750)
キューブ型に取付可能な1slot型でRADEON系という条件では、2013年時点では最強とも言えるAFOX AF7850-2048D5S1 (RADEON HD7850 2GB)を使用していましたが、性能と騒音のバランスが今ひとつという感じがしてきたので、型落ちかつ1ランク下のクラスでありますが、導入しました。

定格クロックはCORE800MHz、MEMORY1125MHzです。アイドル時はCORE300MHz、MEMORY150MHzです。
性能的には、FX-60@2.7GHzとの組合せで3Dmark06のスコア(1024x748)がHD7850の10887(CORE:860 MEM:1200)に対して10693(CORE:860 MEM:1200)とほぼ同等であり、CPUが足を引っ張っていることがわかります。
ワットチェッカー(サンワサプライTAP-TST7)の実測値によるシステム消費電力は、高負荷(3Dmark06)時1797W、アイドル時68Wであり、HD7850使用時の267W、アイドル時76Wに比べて、特に高負荷時の消費電力が下がっています。
高負荷時におけるカード上のファン自身の騒音はそれ程変わらない感じですが、消費電力が減ったこと及びカード長が短くなってエアフローが改善されたことから、ケース内の温度が上がりにくくなり、結果としてCPUファンの回転数も下がることになり、全体の騒音は少し抑えられているような気がします。



Copyright(c) Bin 2014. All Rights Reserved.

[自作参号機]
[My Cockpit]
Ads by TOK2