HOME > SIM LIST > 2003

LOCK ON MODERN AIR COMBAT

splash screen

FLANKER 2.0の流れを汲むコンバット系フライトシミュレーションです。
テクスチャ等の読み込みに要する時間といい、表示オプションを高くした場合のフレームレートといい、発売時点の標準的なマシンスペックを越えるマシンパワーを要求するという点で、発売当時のFALCON 4.0を彷彿させます。

全般

48ページのマニュアルが付属します。
媒体はCD-ROM 1枚で、1.2GB程のファイルがHDDにインストールされます。
前作とは異なり、インストール中のスライドショー等のお楽しみはありません。
起動後も、オープニングビデオの類が一切無い質実剛健な作りはSFP1に通じる所があります。
プレイヤーはFLANKER 2.0でお馴染みのSu-27及びSu-33の他にMiG-29AMiG-29SSu-25A-10AF-15Cを操縦可能です。
メインメニューやミッションエディタは、機能的構成に前作と大きく変わりませんが、ボタン類が立体的に表現されています。

メインメニュー(FLANKER 2.5)

メインメニュー(LOMAC)

ミッションエディタ(FLANKER 2.5)

ミッションエディタ(LOMAC)

アビオニクス及び武装

機種毎にコックピットが細部まで作り分けられています。
前作に比べ、アナログ計器の縁やスイッチ類が、より立体的に表現されていますが、クリッカブルでないのは残念です。
アビオニクスの模擬度は、基本的に前作までと変わりません。
武装搭載画面は、前作から大きく様変わりし、グラフィカルになっています。

Su-27のコックピット(FLANKER 2.5)

Su-27のコックピット(LOMAC)

Su-27の武装搭載画面(FLANKER 2.5)

Su-27の武装搭載画面(LOMAC)

Su-33のコックピット(FLANKER 2.5)

Su-33のコックピット(LOMAC)

MiG-29Kのコックピット(FLANKER 2.5)

MiG-29Aのコックピット(LOMAC)

Su-25のコックピット

F-15Cのコックピット

グラフィック

前作に比べ、雲、水面、植生等の表現が、大きく進化しています。
発売時点(2003年11月)の当方環境(Pentium3-S 1.4/Geforce4 Ti4200)では辛うじて動いているという状態です。
フレームレートは[CTRL]+[BS]で画面左上に表示されます。グラフィックオプション毎のフレームレート測定値はこちら
スクリーンショットは、デフォルトでは[Print Screen]でScreenShotsというフォルダにScreenShot_xxx.jpgというファイル名で保存されます。飛行中のみならずミッションエディタ画面等も保存されるのは便利ですが、圧縮率が高いせいか、HUDシンボル等が潰れる等画質は余り良くありません。

Su-33(FLANKER 2.0)

Su-33

空母上のSu-33(FLANKER 2.0)

空母上のSu-33

ツバメの巣(FLANKER 2.0)

ツバメの巣

F-15C(FLANKER 2.0)

F-15C

MiG-29A

MiG-29S

フライトモデル

level flgiht envelope
フライトエンベロープ
FLANKER 2.0譲りの浮遊感を味わえます。
Su-27同士で比較した場合は、若干LOMACの方が操縦しやすく感じられます。
Su-27のフライトエンベロープはFLANKER1.52.0の中間位になっています。

その他

パッチ情報

2004年6月に1.02パッチがリリースされています。パッチ適用後にメインメニューの高度計の部分に「v1.02」という文字が追加されます。
RWR機能の改善、APG-63の性能の適正化等の改善が行われています。
2004年1月に1.01パッチがリリースされています。パッチ適用後にメインメニューの時計の部分に「V1.01」という文字が追加されます。
Read Meによると、Win98及びMe上での動作改善の他、多くのBug Fixを行ったとしています。
2003年9月にデモ版がリリースされています。デモ版のスクリーンショット等はこちら

メモリ容量

かつてFALCON4.0がそうだったように、マシンのメモリが少ない場合はフライト画面に移行する際のローディング時間が異様に長くなります。
LOMAC発売当時の私のマシン(P3-S 1.4GHz/440BX/RAIDO-0(7200rpm HDD x2))ではF-15CのFLY!の起動時間は、メインメモリが256MBの場合2:40であり、PLAYする意欲が大きく殺がれましたが、512MBにしたところ1:15になり、なんとか我慢できるようになりました。

操縦可能機種

各バージョンの操縦可能機種は下表の通りです。
TypeFLANKERLOMAC
1.01.52.02.5
MiG-29A----o
MiG-29S----o
MiG-29K---o-
Su-25----o
Su-27ooooo
Su-33--ooo
A-10A----o
F-15C----o



Copyright(c) FLIGHT SIM HERITAGE 2003-2010. All Rights Reserved.
本ページの画像はLOCK ON MODERN AIR COMBATのスクリーンショットであり知的所有権はUbiが所有しています。
Some material copyright Ubi (c) 2003, 2004.
[Su-27 FLANKER][Su-27 FLANKER SCE]
[FLANKER 2.0][FLANKER 2.5]
[LOMAC][LOFC][LOMAC GOLD][LOFC2][LOCK ON PLATINUM]
[BLACK SHARK][A-10C WARTHOG]
[FLIGHT LOG][SIM LIST][RANKING]
[HOME]


   ∧_∧  
  ( ・∀・)   −−−
  (    )/|歓迎|
  | | |    −−−
  (__)_)

Ads by TOK2