HOME > SIM LIST > 1988

JETFIGHTER I

splash screen

カジュアルなコンバット系フライトシミュレーションであり、プレイヤーはF-14AF-16F/A-18を操縦します。
パッケージには当時のゲーム雑誌記事の引用としてF-19FALCON ATJETに勝る旨の記載があります。

全般

60ページ余りのFIGHTER WEAPON SCHOOL、同じく60ページ余りのTHE ADVANCED TECHNICAL REFERENCE、QuickStart Installation Card及びQuickStart Reference Cardが付属します。
媒体はFD 1枚で、530kB程のファイルがHDDにインストールされます。
メインメニューはINFO、PRACTICE、MISSIONSから構成されています。
PRACTICEではフリーフライトとトレーニングを選択可能です。
MISSIONSはいわゆるキャンペーンミッションですが、キャンペーンを開始するためには、PRACTICEで4回の着艦を成功させる必要があります。
ミッション開始時にはブリーフィング画面のマップからズームインして自機のコックピット画面に遷移するというおしゃれな演出があります。
MAIN MENU
メインメニュー
training menu
トレーニングメニュー
briefing
ブリーフィング画面
debriefing
デブリーフィング画面

アビオニクス及び武装

F-14、F-16、F/A-18は同じコックピットを使用しておりF/A-18と似たレイアウトになっています。F-16のみHUDの高度及び速度がテープ表示になっています。
いずれのコックピットもMFDに表示される内容は同一で、左のMFDは兵装またはILS情報、中央はHORIZONTAL SITUATIONという名の全周レーダ、右は目標情報、飛行諸元等が表示されます。
レーダのレンジスケールは32/8/2NMになっており、実機よりもかなり短い最大レンジになっています。
通常爆弾選択時にHUDにTDボックスが表示されますが、マニュアル投下であるにもかかわらず弾着点を示すレティクルの類は一切表示されません。従って命中弾を得るためにはできるだけ高度速度を落として目測に頼る必要があります。
搭載武装は機種毎に固定されており、ユーザが設定することはできません。
F-14A Cockpit
F-14Aのコックピット
F-14A Cockpit
F/A-18のコックピット
F-16A Cockpit
F-16のコックピット
機種別搭載武装一覧
ARMAMENTF-15F-16F/A-18
GUNooo
SIDEWINDERooo
AMRAAMooo
PHOENIXo--
Mk82-oo
Mk84-oo

グラフィック

地上はサンフランシスコ近郊が模擬されています。
オブジェクトは簡単なポリゴンで表現されていますが、金門橋や高層ビル群等の地上物が雰囲気よく模擬されています。
機体は脚、アレスティングフック及びF-14の場合は主翼も可動します。
F-14
F-14とCV-64
F-16
F-16と金門橋
F/A-18
F/A-18とトランスアメリカ・ピラミッド
CV-64
CV-64

その他

DOSBox上での動作

自作参号機(EZ482/FX-60/HD6850/Win XP SP3)上に、DOSBox 0.74をデフォルトでインストールし、dosbox-0.74.confのcputypeをautoから386_prefetchに変更することにより動作しています。
Install on DOSBox
インストーラ画面
Play on DOSBox
コックピット画面




Copyright(c) FLIGHT SIM HERITAGE 2011-17. All Rights Reserved.
本ページの画像はJETFIGHTER Iのスクリーンショットであり知的所有権はVelocityが所有しています。
Some material copyright Velocity (c) 1988.

[JETFIGHTER I][JETFIGHTER II]
[JETFIGHTER III][JETFIGHTER III PLATINUM EDITION][JETFIGHTER FULL BURN]
[JETFIGHTER IV][JETFIGHTER V][RED JETS]
[JETFIGHTER 2015]
[FLIGHT LOG][SIM LIST][RANKING]
[HOME]
Ads by TOK2