HOME > SIM LIST > 1989

JET(PC-9801版)

splash screen of the JET

Flight Simulator IIのコンバット版のフライトシミュレーションです。
プレイヤーはF-16AF/A-18Aを操縦可能です。

全般

display type
画面設定メニュー
main menu
メインメニュー
媒体は、FD1枚です。
READMEによるとPC-9801版はVersion2.12に相当しているようですが、設定画面上では2.14と表示されています。
マニュアルは40ページで操作方法の他に実機の簡単な解説が記載されています。
メインメニューはDogfight、Target Strike、Free Flight、Demo、Load Sceneryからなります。Load SceneryではFS II用のシーナリディスクが使用可能で世界各地の飛行を楽しむことが出来ます。
難易度は0(practice)、0(EASY)〜9(HARD)の9段階で調整可能です。
approaching to Nimits (Click to full size)
Nimitzへ着艦進入中
the Eiffel Tower (Click to full size
エッフェル塔

アビオニクス及び武装

コックピットは前方視界にピッチラダーが重畳され、左右に速度高度バーが表示されるという変わったアレンジです。
武装はAIM-9、AIM-7、AGM-65、MK-82を選択可能で、重量も模擬されています。
Cockpit of F/A-18 (Click to full size)
F/A-18のコックピット
Load out (Click to full size)
武装搭載画面

グラフィック

320×200ドット16色または640×400ドット16色が選択可能です。地面は塗りつぶされていますが敵機はワイヤフレームで表現されています。
コックピット視点と管制塔からみた自機の外VIEWを切替可能で、倍率もx1からx9まで可変でした。
F/A-18 launcing from Nimitz (Click to full size)
Nimitzから発艦するF/A-18
F-16 (Click to full size)
F-16

フライトモデル

フライトモデルはふわふわした感じで、キーボードでの操縦にはちょっとしたこつがいります。
推力全開でもGをかけると急激に減速してしまうので速度管理には注意が必要です。

Copyright(c) FLIGHT SIM HERITAGE 1998-2000. All Rights Reserved.
本ページの画像はJetのスクリーンショットであり知的所有権はSubLOGIC社が所有しています。
Some material copyright subLOGIC (c) 1985, 1989.


[Flight Simulator With Torpedo Attack(MSX版)]
[FLIGHT SIMULATOR II(PC-9801版)][WET WESTERN EUROPEAN TOUR(PC-9801版)][JET(PC-9801版)]
[Flight Light][Flight Light PLUS]
[FLIGHT LOG][SIM LIST][RANKING]
[HOME]
Ads by TOK2