HOME > SIM LIST > 1999

FIGHTER SQUADRON

splash screen

第二次世界大戦の欧州をテーマにしたフライトシミュレーションです。
美しいグラフィックとハードな操縦を堪能することができます。
1998年から1999年にかけての、いわゆるレシプロシムの当たり年にリリースされた中で、最も玄人受けするシムと言えるかもしれません。

全般

60ページ余りのマニュアル及び厚紙のキーボードコマンドが付属します。
媒体はCD-ROM 1枚で、600MB程のファイルがHDDにインストールされます。
オープニングはCGと実写を組み合わせた白黒のムービーになっています。
メインメニューはPILOT、OPTIONS、TRAINING、MISSIONS、SCRAMBLE、NETWORK、SQUADRONS、HANGAR、QUITから構成されています。
プレイヤーは、Fw-190A4Me-262AJu-88A4Mosquito Mk VLancaster Mk IITyphoon Mk ISpitfire Mk IIbP-51DP-38JB-17Gを操縦可能です。独軍機にBf109が含まれていない点だけをとっても、他のシムとはひと味違います。
opening
オープニング
main menu
メインメニュー

コックピット及び武装

多少計器が読み辛い感じがしますが、レイアウト等実機の雰囲気が良く出ています。コックピット視点で、視野を無段階に拡大縮小可能なのは便利です。
爆撃機では、機長及び副操縦士席の他、爆撃手や各銃座も模擬されています。

Me262 cockpit
Me262のコックピット
cockpit and gunner of a B-17G
B-17Gのコックピット、爆撃照準器及び銃座

グラフィック

DirectX 6.0及び3Dfxに対応しています。
飛行中のスクリーンショットは[z]キーにより、ファイル名FS_xxx.bmpで保存されます。
Me262
Me262
Lancaster Mk II
Lancaster Mk II
B-17G
B-17G(3Dfx)
B-17G
B-17G(Direct 3D)

その他

1999年6月に1.5パッチがリリースされています。SLI対応、オプション画面の変更の他、オリジナルのCD-ROM無しで起動が可能になる等の改良が行われています。
option
オリジナルのオプション画面
option of ver.1.5
1.5パッチ適用後のオプション画面



Copyright(c) FLIGHT SIM HERITAGE 2003. All Rights Reserved.
本ページの画像はFIGHRTER SQUADRONのスクリーンショットであり知的所有権はACTIVISIONが所有しています。
Some material copyright ACTIVISION. (c) 1999.
[F-14 TOMCAT][A-10 Cuba!(日本語版)][FIGHTER SQUADRON]
[FLIGHT LOG][SIM LIST][RANKING]
[HOME]

   ∧_∧  
  ( ・∀・)   −−−
  (    )/|歓迎|
  | | |    −−−
  (__)_)
Ads by TOK2