HOME > SIM LIST > 1991

FALCON 3.0

splash screen(7KB)

未だに多数の信者を抱えるコンバット系フライトシミュレーションの金字塔です。
私はこれをプレイするためにPC-9801からIBM PC互換機に乗り換えました。
その後発売されたあまたのフライトシムと比べると、さすがにグラフィックは見劣りしますがフライトシムとしての完成度は未だに古さを感じさせません。

全般

opening (36KB)
オープニング
main menu (25KB)
メインメニュー
340ページ程のマニュアル、50ページ程のRELEASE NOTE AND COMMUNICATIONS HANDBOOK、16ページのQ&A集、クイックリファレンスカード及びシアターのマップが付属します。
媒体はFD4枚組でインストール後は9MB程HDDを占有します。
オープニングはF-16がMiG-29をミサイルで撃墜するアニメーションになっています。
メインメニューは、統合作戦司令室風の1室を擬しており、CRTをクリックすることによりINSTANT ACTION、CONFIG、ACMI、COM、RED FLAGといったメニューを選択するようになっています。
また、ACMIを備え自分の戦闘を分析することができます。

アビオニクス及び兵装

コックピットアレンジは実機と多少異なり、基本的に前作のスタイルを踏襲していますが、レーダーディスプレイが大型化され、見やすくなっています。
アビオニクスはレーダのサブモードまで模擬され、GUNもきちんとファンネル表示されています。
cockpit from FALCON 2.0
FALCON 2.0のコックピット
cockpit from FALCON 3.0 (17KB) このスクリーンショットはPlay Online誌(1999年3月号の67ページ)に掲載されました。
FALCON 3.0のコックピット(C型HUD)
loadout (10KB)
武装選択画面
type A HUD (11KB)
FALCON 3.0のコックピット(A型HUD)

グラフィック

F-16C (4KB) このスクリーンショットはPlay Online誌(1999年3月号の67ページ)に掲載されました。 320x200ドット256色で、各種オブジェクトはポリゴンで表現されています。
F-16には国籍マークが有り、キャノピーが金コーティングの色で表現されている等細部にもこだわりが感じられます。


DOS窓で動作可能であり、その場合にスクリーンショットは、[Print Screen]により、クリップボード経由保存することができます。
本ページ中の2枚のスクリーンショットはPlay Online誌(1999年3月号の67ページ)に掲載されました。


Copyright(c) Bin 1998. All Rights Reserved.
本ページの画像はFALCON 3.0のスクリーンショットであり知的所有権はMicroproseが所有しています。
Some material copyright Microprose (c) 1991.

[FALCON 1.0][FALCON 2.0]
[FALCON 3.0][FALCON 3.0 OPERATION: FIGHTING TIGER]
[HORNET NAVAL STRIKE FIGHTER][MiG-29][ART of THE KILL][FALCON GOLD][CONQUER THE SKIES]
[FALCON 4.0][FALCON 4 SUPERPAK][FALCON 4.0 ALLIED FORCE]
[FLIGHT LOG][SIM LIST][RANKING]
[HOME]

Ads by TOK2