HOME > SIM LIST > 1998

ENEMY ENGAGED
APACHE HAVOC

splash screen

戦闘ヘリコプタをテーマにしたフライトシミュレーションです。プレイヤーはAH-64D及びMi-28Nを操縦します。

全般

slide show during installation
インストール時のスライドショー
160ページ余りのマニュアル及び厚紙製のキーマップが付属しています。
媒体はCD-ROM 1枚で、340MB程のファイルがインストールされますが、起動時にはCD-ROMが必要です。オリジナルのバージョンは1.0Cです。
キャンペーンはプレイヤーの戦果等が、次のミッションに反映されるダイナミック・キャンペーンになっており、シアターはキューバ、グルジア、黄金の三角地から選択可能です。
main menu
メインメニュー
Game Types
ミッション選択画面
scenarios
シアター選択画面
select heli
ヘリコプタ選択画面

アビオニクス及び武装

コックピットは両機種共パイロット席のみ模擬されています。センサは、機種毎に作り分けられていますが、MFDのシンボロジーに共通な部分があるのはご愛嬌です。
武装は、プレイヤーが任務に合わせて任意に搭載可能です。
cockpit of an AH-64D
AH-64Dのコックピット上部
cockpit of a Mi-28N
Mi-28Nのコックピット上部
cockpit of an AH-64D
AH-64Dのコックピット下部
cockpit of a Mi-28N
Mi-28Nのコックピット下部
an AH-64D loadout
AH-64Dの武装搭載画面
a Mi-28N loadout
Mi-28Nの武装搭載画面

グラフィック

解像度は640x480ですが、空中のみならず地上のオブジェクトは細部まで作り込まれており、ヘリシムに特有の低空飛行を行っても興ざめすることはありません。
an AH-64D
AH-64D
a Mi-28N
Mi-28N
an AV-8B
AV-8B
a Yak-41
Yak-41

その他

パッチ情報

1999年6月に1.1Eパッチがリリースされています。
1.0Cから1.1Eの変更点として、ヘディングスケール上にレーダアンテナカレットが表示されるようになっている他、ヘリコプタ選択画面の機種名が四角で囲われている等が挙げられます。
select heli
1.0Cのヘリコプタ選択画面
select heli
1.1Eのヘリコプタ選択画面


Copyright(c) FLIGHT SIM HERITAGE 2002-2007. All Rights Reserved.
本ページの画像はENEMY ENGAGED APACHE HAVOCのスクリーンショットであり知的所有権はRazerworksが所有しています。
Some material copyright Razerworks (c) 1998, 1999.
[EEAH][EECH]
[EECH2]
[FLIGHT LOG][SIM LIST][RANKING]
[HOME]
Ads by TOK2