HOME > SIM LIST > 2012

DCS: Flaming Cliffs 3

splash screen

LOMACからLOCK ON Flaming Cliffs 2の流れを汲み、DCSWORLDのアドオンとしてリリースされた中忠実度のコンバット系フライトシミュレーションです。
(本ページの記載内容はVersion 1.2.7の内容に基づいています。)

全般

インストール後はDCSWORLDのフォルダサイズが500MB程増加します。 26ページのIntallation and Activation Guide及び320ページのFlight manualがpdfファイルとして付属します。

メインメニュー及びミッションエディタは前作のFlaming Cliffs 2では、BLACK SHARKをベースとしていましたが、本作では、当然のことながらDCSWORLDそのものとなっています。
プレイヤーが操縦可能な機種は、Su-27Su-33MiG-29AMiG-29GMiG-29SSu-25Su-25TA-10AF-15Cであり、Flaming Cliffs 2と比べ、MiG-29Gが追加されています。

メインメニュー(LOFC2)

メインメニュー(DCS:FC3)

ミッションエディタ(LOFC2)

ミッションエディタ(DCS:FC3)

アビオニクス及び武装

全般的なシステムの模擬度、コックピット等に目立った変更点は見られません。

Su-27のコックピット(LOFC2)

Su-27のコックピット(DCS:FC3)

Su-27の武装搭載画面(LOFC2)

Su-27の武装搭載画面(DCS:FC3)

F-15Cのコックピット(LOFC2)

F-15Cのコックピット(DCS:FC3)

F-15Cの武装搭載画面(LOFC2)

F-15Cの武装搭載画面(DCS:FC3)

グラフィック

グラフィックの表現力はさておき、外部搭載物や空母の艦橋周りを見た範囲では、オブジェクト自身の細部の作り込み自身は、さほど変わらないように見えます。

Su-27(LOFC2)

Su-27(DCS:FC3)

Su-27(LOFC2)

F-15CDCS:FC3)

Su-33(LOFC2)

Su-33(DCS:FC3)

その他

操縦可能機種

各フライトシミュレーションの操縦可能機種は下表の通りです。
TypeFLANKERLOMACFlaming CliffsFlaming Cliffs 2Flaming Cliffs 3
1.01.52.02.5
MiG-29A----oooo
MiG-29G-------o
MiG-29S----oooo
MiG-29K---o----
Su-25----oooo
Su-25T-----ooo
Su-27oooooooo
Su-33--oooooo
A-10A----oooo
F-15C----oooo

動作環境

2019年1月時点でDCSのサイトに記載されている動作環境は下表の通りです。
項目MINIMUMRECOMMENDED
CPUCore i3@2.8GHz or AMD FXCore i5@3+GHz or AMF FX / Ryzen
OS64bit Win7/8/1064bit Win7/8/10
RAM8GB(16GB for Heavy missions)16GB(32GB for Heavy missions)
GraphicsGTX760 or RADEON R9 280XGTX1070 or RADEON RX VEGA 56
HDD60GB120GB

尚、本ページの主な記載内容は、Ryzen 1700/RADEON R9 Nano/Windows 10という環境でプレイした結果に基づいています。



Copyright(c) FLIGHT SIM HERITAGE 2019. All Rights Reserved.
本ページの画像DCS:Flaming Cliffs 3のスクリーンショットであり知的所有権はEagle Dynamicsが所有しています。
Some material copyright Eagle Dynamics (c) 2012.
[Su-27 FLANKER][Su-27 FLANKER SCE]
[FLANKER 2.0][FLANKER 2.5]
[LOMAC][LOFC][LOMAC GOLD][LOFC2][LOCK ON PLATINUM]
[BLACK SHARK][A-10C WARTHOG]
[DCSWORLD][DCS:FC3][DCS:F-5E]
[FLIGHT LOG][SIM LIST][RANKING]
[HOME]


Ads by TOK2